蓮のうてな~GT~

菅原道真・2

a0145274_16524655.jpg

東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ

道真の死後、都では天変地異意や日照り、疫病などがおこります。
また、道真左遷に関った者、その縁者が亡くなっていきます。

最初は、道真左遷の陰謀に関与した、藤原定国(ふじわらのさだくに)が40歳で急死(906年)

道真左遷の知らせを受け、醍醐天皇へ直訴するために駆けつけた宇多上皇を、皇居門前で阻止した藤原菅根(ふじわらのすがね)が雷に打たれて死亡(908年)・・・この人は、道真が目をかけていたようです。

道真左遷の張本人・藤原時平は狂死、39歳(909年)
時平の両耳から道真の化身の蛇が現れて、祈祷も利かなかったといいます。

道真に不満をもち、職務放棄などをした中心人物の源光(みなもとのひかる)は、狩の最中、馬と共に底なし沼にはまり行方不明(913年)

醍醐天皇の皇太子・保明親王(やすあきらしんのう)が21歳で急死(923年)

延喜23年(923年)朝廷は、天変地異や怪奇現象等は道真の怨霊によるものと考え、道真を大宰権帥(だざいのごんのそち)から右大臣に戻し、道真左遷に関する天皇の詔の関係書類を焼き捨てます。
この時の火が周辺に広がり、その場にいた役人や僧侶が何人も焼死しするという事故がおこります。

保明親王の子で醍醐天皇の皇孫、父の死後、皇太子となった慶頼王(よしよりおう)が5歳で病死(925年)
保明親王は時平の娘を妃に迎えていて、慶頼王は時平の娘が生んだ皇子でした。

息子や孫が亡くなって、醍醐天皇の心は穏やかではなかったでしょう。

その後も、干ばつや天変地異は続き、延長8年(930年)6月26日午後1時半頃、にわかに都に黒雲が垂れこめ、激しい雷雨となり、朝議中の清涼殿の柱に雷が落ち、道真左遷に関与したと言われる、大納言・藤原清貫(ふじわらのきよつら)が雷の直撃をうけ即死。
周辺にいた他の貴族・女官にも死傷者が出ました。

朝廷はこの出来事で、道真の怨霊・祟りにパニック状態!
菅原道真の怨霊は雷を操り雷神となって、日本に大きな祟りをしようとしている!と人々は噂し恐れました。

道真が天神さまと呼ばれるようになったのは、この落雷事件で雷神と結びついていると考えられたためです。

清涼殿の落雷事件の後、朝廷は地方に左遷した道真の息子達を京に呼び戻しています。

醍醐天皇は、落雷の惨劇を目の当たりにしたためか体調を崩して、8歳の皇太子・寛明親王(ひろあきらしんのう)に譲位(後の朱雀天皇・すざくてんのう)、落雷事件の3ヵ月後、46歳で崩御しました(930年)

道真の祟りに怯える藤原氏が多い中、藤原忠平(ふじわらのただひら)は、清涼殿落雷の時も難を逃れ、祟りの影響はありませんでした。
忠平は道真左遷の張本人・時平の弟なのですが道真と親交があり、兄・時平とはあまり兄弟仲は良くなかったようです。
忠平は、大宰府にいる道真を気の毒に思い励ましの手紙を送っていました。
時平の死後、その子供達も道真の祟りのためか子孫は衰退しますが、忠平は後に、摂政・関白となり藤原北家の中心となって子孫は栄えます。

・・・ちなみに、後々の事になりますが、この忠平に平将門が家人として使えていました・・・。

清涼殿の落雷事件から15年ほどたった頃、多治比文子(たじひのあやこ)の夢枕に道真が現れ「北野の右近の馬場に祠を建て、私を祀ってほしい」と夢の中で言われたのですが、貧しい多治比文子は、北野に祠を建てられないので、自分の庭に祠を建て、道真を祀りました・・・現在・京都、文子天満宮となっています。
多治比文子は、道真の乳母とも神に仕える巫女とも伝えられるています。

またその数年後、近江国の比良宮の神職・神良種(みわよしたね)の息子に道真が乗り移り「北野の地に千本の松が生えている場所に祠を建て、私を祀ってほしい」と良種の幼い息子の口をかりて道真は伝えました。
神良種は、北野の朝日寺の住職・最珍に相談をすると、北野の地に一晩で松が生えた場所があり、多治比文子の元に道真が祀られていると聞いて、北野の右近の地に祠を建て、道真を祀りました。

この祠が、北野天満宮のはじまりです。

後に、右大臣・藤原師輔(ふじわらのもろすけ)が社を造営し、荘厳な社殿になりました。
藤原師輔は、忠平の息子で、父親から道真の事を聞いていたのかもしれませんね。

永延元年(987年)一条天皇より祭祀の使者が使わされて「北野天満宮天神」の称が贈られ、正暦4年(993年)正一位・右大臣、太政大臣の位が贈られ、怨霊と恐れられた道真が学問の神として崇敬されていきます。

道真が亡くなり怨霊となって、天神と称されるまでに90年の月日が経っていました。

学問だけで天皇に仕えていたら、道真が人々に恐れられた怨霊にはならなかったでしょう。
宇多天皇に重用されなければ、政争に巻き込まれることもなく怨霊にも神にもなることもなかったわけですが・・・。
秀才で才能があったのが、幸運でもあり災いにもなったのでしょうか・・・。

硬いイメージのある道真ですが、在原業平とも親交があり、遊女と楽しく遊んだとも言われています。
若い頃は、それなりに遊んだようです・・・女性は好きだったみたいですよ。
・・・こんなこといったら、天神さんに怒られる・・・?

江戸時代、寺子屋には学問の神として天神さまの尊像が置かれていました。
新年の初天神には、父兄参観でお祭りや行事があり、毎月25日の縁日には必ず天神社のお参りをしていたそうです。
25日は、道真の誕生日でもあり亡くなった日でもあります。

お近くに、天神社がありましたらお参りしてはいかがでしょうか?
a0145274_1735455.jpg

[PR]
by yuzu-lotus-gt | 2010-10-01 17:09 | まりもメモ