蓮のうてな~GT~

カテゴリ:神のやしろ( 11 )

安井金比羅宮

おひさしぶりです!
いつの間にやら暑くなり、ぐったりですね。笑

そんな梅雨の晴れ間に、地元の友達Yちゃん(仮名)にあるトラブルがあったので、まりもさんに相談したところ、
まりもさんから「安井金比羅宮さんに行ってきなさい!」
と指令がでました。

私は行かれないのでジモ友Yちゃん(仮名)に頼んで
「行って写真を撮ってくるんや!!」 
とさらなる指令と飛ばしました。

ご本殿は現在改修工事中だったので、絵馬館の看板。

きっとすんごい念のこもった絵馬が勢ぞろいに違いない。

a0145274_10562784.jpg


縁切り縁結び碑(いし)です。
お札の妖怪ではありません。

a0145274_10563770.jpg


これがすごい霊験あらたかなわけです。

「高さ1.5メートル、幅3メートルの巨石で、中央の亀裂を通して神様のお力が下の円形の穴に注がれています。
まず、形代に願い事を書いて、碑の表から裏へ穴を通って悪縁を切り、裏から表へ通って良縁を結びます。
最後に形代を碑に貼って祈願します。」

(安井金比羅宮HPより転載)

Yちゃんもトラブルの元になっている事柄を書いてペシ!と貼り付けて
ちゃーんと祈念してきたとのことです。

「日頃からお世話になってる姐さんの分も祈念してきましたよっ。」とのこと。
ありがたや。
ありがたや。

Yちゃん曰く「お札のひとつひとつがかなり生々しくて、びっくりしたわ~。
実名で書いてあるんやで~。 怖いわ~。 みんな大変なんやなぁ・・」
そうやね。
みんな大変やから神様におすがりするんやね。

さらに「そういえば、ここってちっちゃいお宮さんやねんけど、周りにラブホが
いっぱいあっても~びっくりしたわ~。」
・・・そうやね。
祇園は元々色街やしね。


実はYちゃんは職場でトラブルがあって、その影響か?
夜中に金縛りにあったりベッドルームも扉に血糊で書いたような文字が浮き上がったり
色々と恐怖の体験をしていたそうです。

しかし、大神神社とこの悪縁切りに絶大なご利益のある安井金比羅宮に
お参りしたおかげで、夜恐怖を覚えることなくぐっすり眠れるようになったそうです。

この調子でいい職場に恵まれますように。

ぱんぱん!

a0145274_2128493.jpg

[PR]
by yuzu-lotus-gt | 2011-06-25 11:15 | 神のやしろ

殿岡神社

9月に大阪に帰省したときにちょっと立ち寄った神社がこちらです。
高槻市にあります、殿岡神社です。

a0145274_21294061.jpg


どうやら元々はお稲荷さんのようです。

a0145274_21295161.jpg


これが社殿脇にある古墳の入り口です。
さすがに入ることはしなかったのですが、たしか三浦半島にもありましたね。
古墳と神社が一緒になってるとこ。

a0145274_2130164.jpg


奉納絵馬があったので、撮ってきました。
これはいったいどんな願いがこめられていたのでしょう?

a0145274_21301896.jpg


金箔もさりげなく貼り付けてあったりして、お金持ちが奉納したんでしょうか?

a0145274_21302999.jpg


こちらは殿岡神社と道を挟んだところにある「大神宮」。
一体なんの「大神宮」なのかさっぱりわからないとても小さなお社です。
もしかすると「磐鞍」にお社を乗っけたのでしょうか?
謎は深まるばかりです。

a0145274_21303754.jpg

[PR]
by yuzu-lotus-gt | 2010-10-20 22:27 | 神のやしろ

太宰府天満宮

数少ない読者(?)の皆様、大変ご無沙汰しておりました。
こちらのネタになるようなところにでかけられるほどの涼しさになるまで
待っておりました。

いやぁ、あんな猛暑の中でかけてたらあっさり極楽行きですよ。

というわけで、夏休み中に遠出して行ってきました。
九州は大宰府へ。

a0145274_21222598.jpg


心字池にかかる太鼓橋。
あちこちから中国語や台湾語、韓国語が飛び交います。

a0145274_2324485.jpg


こちら立派な本殿。
菅原道真公がいらっしゃいます。

a0145274_2122087.jpg


本殿の裏側に回ると、絵馬がどっさり。
やっぱり日本語以外の言語もたくさん書かれています。
願いの大半は合格祈願。 だよね~。

a0145274_21233687.jpg


この日もすごく暑くて、大宰府焼けするかというぐらいでした。
祈祷してくれる神職の方々も暑くてたまらんでしょう。

a0145274_2325214.jpg


やはりパワーの集まるところには、巨木が似合います。

a0145274_21245839.jpg


この木の周辺が神社の中で一番気持ちがよかったです。
だって・・この日差しですよ。
日陰が一番気持ちいいに決まってるでしょ。笑

a0145274_23252052.jpg


京の都を終われ、大宰府に流されてきた道真公はさぞかし悔しかったろうとは思います。
でも、京都よりのんびりしてて人間性もおおらかな九州は
土地も豊かで暮らすには困らないところだということは今も昔も変わらないと思うのです。
果たして道真公の胸のうちは悔しさだけでいっぱいだったのでしょうか?
[PR]
by yuzu-lotus-gt | 2010-09-21 22:29 | 神のやしろ

三峯神社 VOL.3

徳川も絡んでるせいか、本殿の装飾はとても豪華絢爛です。

a0145274_1125184.jpg


朝のすがすがしい空気に満ちた参道。
体の中に溜まっていたよくないものが清められていくような錯覚に陥ります。

a0145274_113823.jpg


御拝所から奥宮の方向を望む。

a0145274_1132264.jpg


おまけ。
三峯さんの境内にある自動販売機。
こんなとこにも山犬さんが。

a0145274_1143063.jpg


こちらの神社ではお泊りも温泉もあります。
ゆっくりと時間をとってみるとものすごーく癒されるように思います。
私自身は早朝から数時間いただけで体が軽く感じました。
[PR]
by yuzu-lotus-gt | 2010-06-13 21:35 | 神のやしろ

三峯神社 VOL.2

と~ってもかわいい、やさしいお顔の山犬さん。

a0145274_10595417.jpg


人の厄災を吸い取ってパワーを分けてくださる御神木。
吸い取ってくれた厄で樹皮が赤くなっているのがわかりますか?

a0145274_11078.jpg


こちらが本宮。
朝の光を浴びてとてもすがすがしい空気感が伝わりますでしょうか。

a0145274_110298.jpg


とても彫刻が凝っています。

a0145274_1104779.jpg


極彩色であることがよくわかります。

a0145274_1111840.jpg

[PR]
by yuzu-lotus-gt | 2010-06-10 22:23 | 神のやしろ

三峯神社 VOL.1

うちから直線だとそんなに大した距離じゃないはずなのに、高速道路を使っても4時間はかかる秩父。
もちろん山の上にあるからさらに時間がかかってしまう奥秩父。
ずっと行ってみたいと思っていました。
できれば、山登りも・・・してはみたいが体力が限界突破?な場所、
それが三峯神社さんです。

初めてプチあこがれの地、三峯さんへ私なりに御案内します。
(プチってのは、国内でわりと近いからよ。)


それでは、早速三ツ鳥居をくぐってまいりましょう。

a0145274_10564963.jpg


有名ではありますが、こちらの狛犬は山犬です。
山犬というのは、狼のことです。

a0145274_1057063.jpg


考えてみれば、今は絶滅してしまったけれど日本にも狼はいたわけです。

a0145274_10571238.jpg


社伝によれば、景行天皇の時代、日本武尊の東征の際、碓氷峠に向かう途中に現在の三峯神社のある山に登り、
伊弉諾尊・伊弉册尊の国造りを偲んで創建したという。
景行天皇の東国巡行の際に、天皇は社地を囲む白岩山・妙法山・雲取山の三山を賞でて
「三峯宮」の社号を授けたと伝える。
伊豆国に流罪になった役小角が三峰山で修業をし、空海が観音像を安置したと縁起には伝えられる。

三峰の地名と熊野の地名の類似より、三峰の開山に熊野修験が深くかかわっていることがうかがえる。
熊野には「大雲取・小雲取」があり、三峰山では中心の山を雲取山と呼んでいる。

中世以降、日光系の修験道場となって、関東各地の武将の崇敬を受けた。
しかし、正平7年(1352年)、足利氏を討つために挙兵し敗れた新田義興・義宗らが当山に身を潜めたことより、
足利氏により社領が奪われ、衰退した。

文亀年間(1501年 - 1504年)に修験者の月観道満により堂舍が再興され、以降、
聖護院派天台修験の関東総本山とされ、隆盛した。
本堂を「観音院高雲寺」と称し、三峯大権現と呼ばれた。

江戸時代には、秩父の山中に棲息する狼を、猪などから農作物を守る眷族・神使とし、
「お犬さま」として崇めるようになった。
さらに、この狼が盗戝や災難から守る神と解釈されるようになり、当社から狼の護符を受けること(御眷属信仰)が流行った。
修験者たちが当社の神得を説いて回り、当社に参詣するための講(三峯講)が関東・東北等を中心として信州など各地に組織された。

明治の神仏分離により寺院を廃して「三峯神社」に改称した。明治16年に県社に列した。

(ウィキ先生より引用)

a0145274_10572434.jpg


こちら、日本武尊さん。神様ですよ。

a0145274_10574192.jpg


伊弉諾尊・伊弉册尊の二神が主祭神。
造化三神と天照大神を配祀する。

詳しくは、↓の三峯神社さんのサイトをご覧ください。

三峯神社
[PR]
by yuzu-lotus-gt | 2010-06-10 22:17 | 神のやしろ

忍草浅間神社

先日、忍野八海に行った際訪れてみました。

ていうか、富士山周辺は浅間さんだらけです。

a0145274_22121359.jpg


あっ!これは巻きう○こ?(コラ!!)

a0145274_22122285.jpg


重要文化財のお三方。

a0145274_22123021.jpg


みなさまも富士山周辺に行楽に行かれた際にちょっと浅間さんに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
[PR]
by yuzu-lotus-gt | 2010-06-10 22:16 | 神のやしろ

報徳二宮神社

あなたは覚えているだろうか?

小学校の隅っこでいつも本を読んでいた彼を。
背には薪を背負い、子どもらにほっぺたぐるぐるにいたずら書きされても
たとえ片腕がもげようともひたすら本を読んでいた彼を。

今彼はどこにいけば会えるのだろうか・・・?

あ、ここか~。

a0145274_9364595.jpg


二宮 尊徳(にのみや そんとく、天明7年7月23日(1787年9月4日) - 安政3年10月20日(1856年11月17日))
は日本の江戸時代後期に「報徳思想」を唱えて、「報徳仕法」と呼ばれる農村復興政策を指導した農政家・思想家。
通称は金次郎(正しい表記は「金治郎」)。諱の「尊徳」は正確には「たかのり」と訓む。

ものしりのWiki先生に教えてもらいました。笑

a0145274_937153.jpg


詳しくはこちらへ。

報徳二宮神社
[PR]
by yuzu-lotus-gt | 2010-05-06 22:21 | 神のやしろ

山神社

今回はちょっと寄り道。

まりもさんと小田原市長興山紹太寺にある有名なしだれ桜を見に行ったときに
近くにあった山神社です。

a0145274_21421687.jpg


よく見ていただくとわかるのですが、こちらの神社のご祭神は天狗様です。

a0145274_21422517.jpg


すか~っとしたほんとに風通しのよい神社で、お参りしてからその場にたたずんでいると
一陣の風が過ぎ去っていきました。

なんとなく、歓迎されてるのかな?と思いました。


実は・・・図書館で資料を探してみたのですが、全く見当たりませんでした。
探し方が悪かったのかもしれません。

なにか御存じの方いらっしゃいましたら、是非ともお教えくださいませ。

・・・というわけで、まりもさんから情報が入りました!


 神社名は、山神社ではなく、山神神社「さんじんじんじゃ」。
 祭神は、オオヤマヅミノミコト。
 娘のコノハナサクヤヒメも祀っているらしい…。

 境内にあった石祠は、天和年間(1681~3)に早川と言う川の氾濫で消えた、
 後河原村「うしろがわらむら」から移したもののようだよ。

 神社名はすぐに分かったけど、情報は少ないねぇ。
 でも、天和年間の早川の氾濫の時には、すでにあったお宮のようだから、
 4、500年は経ってるんじゃないかなぁ。

すごっ!
図書館で探してみつからなかったのに、まりもさんやるな~。さんくす!!
[PR]
by yuzu-lotus-gt | 2010-04-20 21:47 | 神のやしろ

安房口神社

前回、千葉側の安房神社を訪れましたが、今回はその兄弟分?のようなお社です。

なんと、住宅街の真ん中にあるブロッコリー山、それが安房口神社です。

a0145274_22511260.jpg


では、階段を上ってみましょう。
おお、素晴らしいほどのスダジイの森。
トトロでも出てきそう。


a0145274_22512756.jpg



そんなトトロの森の古い古い形のお宮さんの御神体はこちら!


あ~ん、ボケててすいませ~~ん。
それもこれも私の腕が悪いんですぅ。

a0145274_225214.jpg


御祭神は天太玉命(あめのふとだまのみこと)さま。
創建された年代はわかっていませんが、磐座信仰という形から三浦半島で一番古いお社ではないか?
といわれています。

詳しいことが看板に書いてありました。
よろしければ、拡大してお読みくださると幸いです。

a0145274_2310464.jpg


日本武尊も源頼朝もここで武運を祈るほど、古いというのがまずすごいですよね。
タケルさんはこの後走水へ下り、海を渡っていったのでしょう。

御神体をお守りするかのような木の生え方が気になりました。

a0145274_22522458.jpg


本当ならば、宅地よりも森をもう少し広げて保存して欲しかったと思います。
確かに、この現代においてあまり暗い森が宅地にあっても、痴漢がでたり、犯罪の温床にも
なりかねないかもしれません。
でも、森があることでほっとしたり、大事な何かを守ったりすることも
できるのではないでしょうか?

そんなことを思う、私なのでした~。
a0145274_22524455.jpg

[PR]
by yuzu-lotus-gt | 2010-02-02 23:16 | 神のやしろ