蓮のうてな~GT~

まりもメモ・瀬戸神社その2

瀬戸神社に、お祀りされている神さまは多いですね。
たぶん、いろいろな理由で瀬戸神社にお祀りされるようになったのでしょう。

その中の「味耜高彦根命・アジスキタカヒコネノミコト」のお話しを・・・。


別名を「阿遅志貴高日子根神・アジシキタカヒコネノカミ」「阿遅須枳高日子命・アジスキタカヒコネノミコト」「阿遅鋤高日子根神・アジスキタカヒコネノカミ」といいます。
また、古代の豪族・賀茂氏の始祖と言われているので、「迦毛大御神・カモノオオカミ」ともいいます。

父は「大国主命・オオクニヌシノミコト」、母は「多紀理毘売命・タギリヒメノミコト」妹は「下照姫神・シタテルヒメノカミ」
妻はアメノミカジヒメ、子にタギツヒコがいます。

父、オオクニヌシノミコトは八百万の神々の中でも、ぴかいちの美男!
母、ダギリヒメノミコトは宗像大社に鎮座する宗像三女神の一柱で、この神さまも美女。
両親が美男美女ということで、アジスキタカヒコネノミコトも美青年の神さまです。

・・・どういう美青年かは、お好みの男性を妄想・・・いや、想像してください。

妄想図・・・いや想像図  ↓

a0145274_89205.jpg


国譲りの神話で、タケミカヅチノカミがオオクニヌシの子タケミナカタノカミと力くらべで勝ち、地上の主権を譲り渡してもらいますが、タケミカヅチノカミがその役につく前、アメノホヒノカミとアメノワカヒコノカミが使者として地上に降りていました。

第一の使者アメノホヒノカミは、オオクニヌシノミコトに会うとその人柄に心服し使者としての役目を忘れ、そのまま地上に住み着いてしまい、3年の間、一度も高天原に何も報告をしませんでした。

それではダメだと、アメノワカヒコノカミを第二の使者に送ったのですが、アメノワカヒコノカミはオオクニヌシの娘シタテルヒメに恋していまい結婚。
地上の主の娘と結婚もしたし、オオクニヌシの後継者!地上の王になろう!・・・と野心をいだき8年もの間、高天原に報告をしませんでした。

高天原では、一向に報告をしてこないアメノワカヒコノカミに疑いを持ち、真意を確かめるため雉の鳴女(きじのなきめ)を使いに出したました。
アメノワカヒコノカミはその雉女を、地上に使者として降りてくる時にアマテラスオオミカミより賜った弓矢で射殺してしまったのです。
雉女を射た矢はアマテラスオオミカミのところまで飛んいき、雉女の殺害が発覚。
アマテラスオオミカミは「逆心の心があるなら、この矢がアメノワカヒコノカミに災いを与えるだろう」と矢を投げ返すと、矢はアメノワカヒコノカミの胸を射抜き、死んでしまいました。
アメノワカヒコノカミの妻子の嘆きは深く、高天原より父のアマツクニタマも駆けつけ喪屋を建て殯(もがり)の儀式をはじめました。

そこに、アメノワカヒコノカミの友人アジスキタカヒコネノミコトが高天原より弔問にやってきたのです。

シタテルヒメとアマツクニタマは驚きました。
アジスキタカヒコネノミコトはアメノワカヒコノカミとそっくりだったのです。

死んだアメノワカヒコノカミが蘇ったと、シタテルヒメやアマツクニタマは喜びアジスキタカヒコネノミコトに抱きつきました。
死者と間違われたアジスキタカヒコネノミコトは「穢らわしい!」と、持っていた剣で喪屋の柱を切り倒し、蹴り飛ばして天空に去っていきました。

う~ん・・・間違われたくらいで、そんなに怒らなくてもいいじゃん・・・て思うんですけどねぇ・・・。

「出雲国風土記」に、この神さまの養育の様子が載っていて、アジスキタカヒコネノミコトが幼児の頃、昼夜泣き止まないので船に乗せて八十島を巡ったり、高屋を建て梯子をかけて上げ下げさせて遊ばせたといいます。
・・・高屋は、ジャングルジムみたいな物でしょうか・・・。

気性の激しさや剣を持って天空を駆ける様は、雷、落雷を表した雷神の姿。
雷神は作物に雨をもたらす水の神であり、別名の阿遅鋤高日子根神の鋤(すき)は田の神を祀る時の呪具でもあり神の依代でした。

アジスキタカヒコネノミコトの若々しい姿は、青々と育つ稲を、アマテラスオオミカミが投げ返した矢で死んだアメノワカヒコノカミは、稲が黄金色に実り稲穂が垂れ、後は刈り取られる・・・という稲の成長を表しているとも言われています。

アジスキタカヒコネノミコトには、おや?っと思ったことがあって・・・。
オオクニヌシノミコトの息子であるアジスキタカヒコネノミコトは、地上に住まずに高天原にいるんですよ。
農業の神であり、雷を轟かせ恵みの雨を降らし地上とは縁が深いのになんで?・・・と思いましてね。

・・・神さまにも家族の事情っていうのがあるのかも・・・なんて想像しました。

アジスキタカヒコネノミコトの神徳は、農業守護・不動産業の守護・家内安全・商売繁盛・・・などです。
[PR]
by yuzu-lotus-gt | 2010-03-30 17:00 | まりもメモ